こんにちは、バーテンダーTです。

みなさまラム酒についてどんな印象をお持ちですか。
1.お菓子に使うもの
2.ラムコークに入ってるやつ?
3.度数が高そう
4.モヒートに使われている
5.海賊が飲んでいる
6.サトウキビのお酒
7.よくわからない

多くの方は(7)なんじゃないでしょうか。笑 それ以外でピンときた方ありがとうございます。笑

ラム酒自体が日本の飲食の世界でブームになったことは今までほぼないのです。
ですから、そのファン層は過去にブームとなったお酒に比べるとごく少数派。「よくわからない」って方が多いのも当然なんです。
しかし、ラム酒は他のどのお酒よりも種類が豊富で、それゆえ味や製法や飲み方は驚くほどのバラエティーに富んでいます。
例えば、今の時期梅酒を漬ける方おられるのではないでしょうか?多くの方は「ホワイトリカー」というお酒をご使用になると思います。あれ、ラム酒です。
(ラム酒とは原材料がサトウキビの蒸留酒のこと)
世界を見渡すと、ラム酒はいたるところで生産され、大昔から薬やリキュールの原材料として、はたまた外貨獲得のための高級酒として生産されてきております。

LUGで扱うラム酒は、その高級酒の部類に入るラム酒が主になります。
これはどういうことかというと、そのまま飲んでも美味しく飲めるラム酒ということになります。
モルトウイスキーや乙類焼酎、ロックやストレートで召し上がるあのタイプのお酒です。
もちろんタンサン、トニック、コーラなどのジュースで割ってもとても美味しいです。
このタイプのラム酒は、生産国や生産者の歴史的背景、意図や方針、哲学などがわかりやすく反映されており、各銘柄のストーリーがびんびんに伝わってきます。
ぜひ多くの方にラム酒の魅力を体験していただき、ファンになっていただきたい。そんな思いから、「お得にラム酒飲み比べの日」を開催しております。
初心者の方大歓迎!どなた様もお気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。

日時:6/15(SAT)19:00〜24:00
場所:LUG ピットスペース
参加費無料 ご予約不要