こんにちは。

台風がやって来たりとなかなか荒れ気味な梅雨の始まりですが、この時期がそんなに嫌いじゃない台所担当くどうです。
雨とかジメジメとかは、あんまり歓迎できないんですが、なんていうか夏へ向けての期待を貯めるシーズン的なとこがいいじゃないですか。

そして梅雨時期は食材が美味しい!

春の食材もいいですよね。冬の寒さを乗り切ったみずみずしさに溢れているし、繊細な味わいで、なんとなくカワイイ系な食材が多い。
そして梅雨の食材は春に芽吹いた物が成熟されて、深い味わいになってるんですよね。

さらに太陽いっぱいな夏の“はしり”も楽しめること。

そんな食材たちを使った最近のメニューをチラッとご紹介させていただきます。


まずはTHE南国なフルーツ、パッションフルーツ。
これから夏にかけて国産ものがたくさん出てきます。
香りが素晴らしいパッションフルーツですが、食べるとなると、どーやって食べるの?ってなると思うんです。
デザートにすることは多いですが、僕的回答は「ブラータチーズにかけて食べる」ですね。
ブラータは癖のないクリーミーなモッツァレラタイプチーズなので、華やかで酸味のあるパッションフルーツと良く合うんです。



そして夏といえば鮎!
今の時期は出始めですが、やっぱり季節感のある魚の代表じゃないでしょうか。
夏の魚には夏の野菜が合いますね。
瓜科やナス科のちょっと青っぽい味の野菜との相性が👍



最後はイサキ!
イサキって鯵や鰯のように通年出回っている魚ですけど、この時期は脂がのって「梅雨いさき」なんてスペシャルネームがつくくらいなんです。
適度な脂は身の味をしっかりと引き立ていて、これはもうシンプルにお刺身カルパッチョしかないですね。
旬の短いイサキは食べるなら今ですよー。

いつ来ても新しいメニューに出会えるように、毎日メニュー更新してお待ちしてますー。