キューバの首都ハバナから西に190km、4時間ほどバスに揺られて
ピナール・デル・リオ州ビニャーレス市へ。
この辺りは砂糖、コーヒー、葉巻、タバコの生産地として有名であります。

pina_0

フランシスコ・ドナティエン葉巻工場を見学。ここはベグエロスって銘柄の葉巻を
生産しておる工場であります。工場内は撮影禁止であった為に、画像がありません。スミマセン。
他の方がyoutubeに上げている動画がありましたので、参考までにURLをば。
※私が訪れた工場とは別の工場です。
https://www.youtube.com/watch?v=ppIAi2Vq4JA#t=149
所狭しと並べられた長机で、4〜50名ほどの作業員が馴れた手つきで葉巻を巻いておりました。
巻かれる前の葉はしっとりとしていて野沢菜の漬け物みたいだなー。てな印象でありました。

前記の通りビニャーレスは砂糖の生産地としても有名なのであります。
絞りたてのサトウキビジュースを飲ませてくれる場所でゴクリ一杯。
サトウキビと一緒にパイナップルを絞りあげたトロピカルジュース、
これが優しい甘さでとっても美味しい!

pina_1

pina_2

pina_3

pina_4

pina_5

サトウキビと云えばラム酒であります。グアヤビータという実をつけ込んだラム酒を生産している、
カサ・ガライ、ラム酒工場を見学。銘柄はグアヤビータ・デル・ピナール。

guya_3

↑ちっちゃい実であります、一粒いただき〜ってな具合。
が、固くてとても食べられなかったのであります。

guya_2

guya_4

瓶の色はまちまちなのであります。

guya_13

guya_6

guya_8

仕上げのシールはおばさま達が貼りますが、瓶詰めのスピードが遅いので、
人数はこんなに必要ないと思います。これもキューバならではの風景でありましょう。

guya_9

guya_12

guya_7

guya_11

このラム酒はなかなか日本で見かけないですね。キューバラムらしくほんのりオイリー。
甘くて飲みやすく、食前酒にもってこいなお味であります。

続いて世界文化遺産にも登録されているビニャーレス渓谷へ、

pina_7

pina_6

渓谷麓のレストランバーでピニャコラーダを頂きます。
キューバではピニャコラーダをよく見かけました。とろりとしたフローズン状で供されます。
トロピカルというよりはとってもミルキーで、ココナッツミルクアイスと言ったお味。
衝撃的な美味しさでありました。参考になりました。

colada_1

ラム酒はもちろんハバナクラブ。お好みでどーぞ。

colada_3

colada_2

バイクチェックワンツー

bike_8

bike_5

bike_4

bike_7

bike_3

bike_1

キャットチェックワンツー

cat_1

cat_2

cat_3

cat_4

havana_cat_6

havana_cat_3

havana_cat_5

これにてキューバ編完結であります。
次回はいよいよアグリコールラムの聖地、マルティニーク島のレポートと相成ります。
もうしばらくお付き合いくださいまし。