おはようございます。ムッシュTです。
今回も旅の続きを書きます、よろしくお付き合いの程。

キューバから飛行機で南東へ4時間、フランス海外県マルティニーク島へ。
マルティニーク島は沖縄本島ほどの面積を持つ火山島なのであります。この島は
ラム酒の聖地と呼ぶにふさわしく、上質なラム酒を製造する蒸留所が数多く在しておるわけで、
ラム酒好きのわたくしとしては当然訪れなければならぬ島なのであります。
そんな訳で怒濤の蒸留所巡礼が始まります。

一件目、NEISSON蒸留所。

neisson_2

neisson_5

刈り取られたサトウキビが此処に集められ、ベルトコンベアーで圧搾機へと送られます。
絞られたサトウキビジュースは発酵タンクへ、残ったサトウキビの殻はボイラーで燃やされて
蒸留機などの動力源となります。

neisson_22

neisson_21

neisson_20

圧搾機の入り口。

neisson_24

圧搾機に動力を伝える歯車。十分大きいのもですが、この後訪れる他の蒸留所に比べると、
小ぢんまりとしたものなのでありました。

NEISSONは1931年創設から現在まで小規模家族経営で生産を続けているブランドであります。
1958年に建てられた蒸留塔はNEISSONブランドの命、プライドの象徴でありましょう。
ではご覧ください。

ガラガラー
neisson_10

どどん。
neisson_11

いやーすごいですね。初めて見る蒸留機に思わずおおーっと声が出てしまったわけです。

neisson_25

機材はどれも使用感をばりばり感じます。現在正に使用しておる機械達の風体。
ここで生まれたラム酒が海を越えて地球の裏側ニッポンまで届けられているのだと思うと、
その佇まいにロマンを感じざるを得ないのであります。

neisson_27

neisson_26

蒸留された原酒はステンレスタンクで休ませます。

neisson_28

neisson_18

絞りたてのラムブランを味見させてもらいました。
サトウキビの独特な甘みがダイレクトにお口に広がります。おお、お・い・C!

neisson_19

その後各ラインナップごとに樽の大きさを変えての熟成と相成ります。

neisson_31

neisson_29

蒸留後の高濃度なラム酒のアルコール調整には、ミネラル分を抜いた水を用います。
その様子を再現していただきました。貴重画像をば。

neisson_33

neisson_60

neisson_36

neisson_37

チャートを見て度数を確認。

neisson_56

neisson_40

neisson_43

大事な器具は箱に仕舞います。

neisson_41

neisson_44

neisson_32

neisson_45

neisson_46

サトウキビ圧搾から発酵蒸留、アルコール調整、熟成までのすべてを把握する熟練ラム職人、
ミスターGohmyのご好意に感謝であります!

さてそんな行程を経ていよいよボトリング。こちらはほぼオートメーション。作業員2〜3人で
ボトルをチェックしております。キューバのラム酒工場のおばさま達の顔が頭をよぎります。

neisson_47

neisson_48

ボトルの洗浄消毒にはラム酒を用います。

neisson_49

neisson_50

neisson_51

neisson_52

neisson_53

neisson_54

neisson_55

今回ミスターGohmyが一番テンション高く紹介してくれたのは箱詰機でした。
「どう?凄いだろ。もっと写真を撮っていいよ」とのこと。はいどうぞ。

neisson_58

neisson_57

併設された売店でティポンシュ(ホワイトラムとライム、シロップを混ぜたカクテル)
を試飲させていただきました。

neisson_63

neisson_61

このかき混ぜ棒なんぞ?ってあなた、これはレレです。案ずることなかれ、LUGにもあります。
使用風景を見たい人は大きな声で「ティポンシュ!」とご注文くだされ。

neisson_64

そしてNEISSONを後にしたわけであります。

つづく