こんにちは、ムッシュTです。
先月末より長期休暇を頂き、ラム酒の本場カリブ海はキューバ&マルティニーク島へ
行ってきました。その様子をちょろっと書きます。今回はキューバ、ハバナ編であります。

キューバはカリブ海に浮かぶ島国であります。キューバ革命以降独自の経済論で国家運営している
社会主義国家であります。そう言うと物々しい空気感が漂いますが、実際に訪れてみたキューバは、
美しくフォトジェニックな国でありました。出会った人々は皆素朴でフレンドリー、
話好きで人懐っこい人たちでありました。

空港からボコボコのタクシーに揺られ、滞在するハバナ旧市街へ着いたのは23:00頃。

havana_1

スペイン統治時代に建造された石造りの街並に圧倒されつつも、ホテルに着いてホッと一息。
朝を迎えて、街はフォトジェニックに輝いておりました。

havana_2

havana_3

havana_4

havana_5

朝の散歩がてら、バーテンダーを始めて以来ずっと行きたかった、モヒートが世界一有名なバー、
「LA BODEGUITA DEL MEDIO」を訪問。まだオープン前でしたが、感激。
ここはヘミングウェイがモヒートを飲みに通っていたバーなのであります。
ちなみに14時から営業しています。

laBdelM_1

キューバの日中は暑い。暑くて死にそうになって飲むビールの美味しいこと。
ハバナにはオリジナルハウスビールを供してくれるレストランがあります。
ビエハ広場に面する「ファクトリア プラサ ビエハ」であります。
カウンター内にどどんと構える醸造機。3種類のハウスビールはライトなものと、
ミディアム、ブラックが飲めます。僕はライトとミディアムを頂きました。
どちらも美味しい、ほんのり甘めで香り豊かなビール達でありました。

factoriaPB_2

factoriaPB_3

どこにでもモヒートはあります。ここのモヒートは甘めで疲れたときにグイっといきたい
お味でありました。

factoriaPB_4

キューバと言えばラム酒(←今回の旅はこれが目的です)。ハバナクラブ博物館へ。
昔使っていた機械資料を見学して最後はやっぱりバータイム。

havanaclub_muse_3

havanaclub_muse_5

havanaclub_muse_6

どうも。ムッシュです。

havanaclub_muse_1

歩き疲れたら一休み。ホテルアンボス・ムンドスのラウンジでキューバビールを頂きましょう。
うっまーであります。キンッキンに冷えたオリオンビールを思わせるさっぱりビール。
ラベルも良いね、これからキューバへ行かれる方、冷えたビールが飲みたければ
ここのラウンジがよろしいかと存じます。

cuba_beer

「LA BODEGUITA DEL MEDIO」と並んでもう一つの有名店、「FLORIDITA」へ、
ここもヘミングウェイが通っていたバーでありまして、ラムダブル砂糖抜きのフローズンダイキリ
「パパ・ヘミングウェイ」が有名なのであります。
彼がいつも座っていた指定席には、ノーベル文学賞受賞を記念して友人達が送った銅像が鎮座しております。

floridita_1

細かなパウダーアイスを使ったフローズンダイキリはすっきりと飲みやすく、火照った身体に染み渡ります。

floridita_2

カクテルとともに供されるのは決まってバナナチップス。甘くなくポテトチップスのような塩加減であります。

floridita_7

floridita_4

長ーいカウンターを切り盛りするのはたった一人のバーテンダー。すごい。

floridita_5

floridita_8

そしていよいよ「LA BODEGUITA DEL MEDIO」へ向かいます。

laBdelM_4

laBdelM_2

laBdelM_14

laBdelM_16

laBdelM_6

laBdelM_8

laBdelM_11

laBdelM_10

めちゃくちゃ盛り上がっております。滞在中何度か赴きましたがいつでも人の笑い声が絶えない。
ハバナ旧市街のレストランやバーは基本的に生演奏。お客も店員もノリノリであります。
そしていよいよ、かの有名なモヒートの登場であります。ああついに来てしまった!
いったいどんなお味なんでしょう。小ぶりなグラスになみなみと。細めのストローが
さされております。シンプルで素朴なイメージ。余計な演出はありません。

お・い・C・〜!

あこがれのボデギータのモヒートは期待通り!甘みと酸味のバランスが絶妙な
美味しーいモヒートでありました。夢見心地な一夜でありました。

つづく