ビーツが美味しい。

英語だとBeetrootって呼んだりRedbeetと言ったり。
和名は火焔菜。


水で洗ってアルミホイルで包んでオーブンで蒸し焼きにする。
大きさにもよるけど1、2時間蒸し焼きにして串がスッと刺さるくらいになったら出来上がり。


触れるくらいなったら皮をスルスルっと剥く。
とうもろこしみたいに甘くて塩もなにもつけなくても大丈夫。
砂糖の元になる甜菜の仲間だそうで、そりゃ甘いはずだ。

そして鮮やかな深い赤紫色も良い。
この色はベタライン色素というそう。
この色素はビーツの他にサボテンの花、
ホウレンソウの軸、そしてキヌアにしか無い色素なんですって。
ちなみにこの色素は長持ちしないらしい。
この色素で絵を描いてもだんだんと薄くなって一か月ほどで消えてしまうらしい。
儚いですね。


以上、ビーツの豆知識。

今週もたくさんのお客様にいらっしゃっていただきました。
ありがとうございます。
来週もよろしくお願いします。

くどう