SNSやブログのために新しいメニューはなるべく写真を撮るようにしているのですが、
この写真が意外と自分自身の復習のために役に立つんですよね。

自分の料理とゆっくりと向き合えるみたいな。
前回も似たようなことを書いたんですが、またいくつか新しいメニューがあったので復習がてらご紹介です。



人気者のブラータちゃんは今週は次郎柿との組み合わせ。
この固めの果肉の次郎柿がトロトロふんわりのブラータチーズと良いギャップになったかなと。



そろそろ美味しい季節の過ぎようとしているカツオ。
柚子胡椒風味のドレッシングでさっとマリネしてあっさり&ピリ辛な風味に。
最後にのせるチーズがポイントで、これのおかげでカツオ独特の血の香りがまろやかになる。
カツオがこの鮮やかな血の風味が良いとこだと思うけど、それが苦手って人もいますからね。



前回はメニュー名で悩んだ牛もつのギアラの白ワイン煮込み。
名前はまだ悩んでます。
でも売り切れてくれたので一安心。
個人的な好みですが肉と豆の組み合わせの煮込みが好き。
素朴だけど滋養たっぷりって感じだからですからかね?
洋のもつ煮込みといえばトリッパ、和といえば白もつがポピュラーだけど、
ギアラは程よく脂もあって両者の中間的なとこも良いなと。



そして最後は肉肉しいスペアリブ。
正確にはベイビーバックリブという部位。
アメリカ独特のカットの仕方であーだこーだと違いはあるのですが、
一般的なスペアリブに比べて脂身が少なくて柔らかい赤身が多めってとこがポイント。
スパイスに漬け込んでさらにスモークしてから焼いたりとアメリカンなBBQをイメージして作ったので、
やっぱりお肉の部位もアメリカンに倣いたい気分ですね。


というわけで僕の回想におつきあい頂いてありがとうございます。
栗とかサンマもスーパーにも出回ってきていよいよ秋本番ですね。
また新しいメニューを考えるのが楽しみになってきました。

ではでは。