夜の部、ラム人気に負けじと当店おすすめのお酒はワイン。
こちらもありがたい事に飲んで下さる方が大変多いのです。
みんな何気にワイン好きなんだな…

LUGで扱っているのはすべて自然派ワイン…流行っていますよね。
ビオワインとか、名前くらい聞いた事のある方も多いはずですが、
実はあまり知らないって方に、ワイン全般も含めて少しづつご紹介したいと思います。

さて、まずワインはブドウから作られているのはご存知の通り。
化学肥料や農薬を使わない農法で作ったブドウから作られ、酸化防止剤を極力使用しないで作られたワインの事をビオワインと呼びます。

過程としてはブドウに含まれる糖分が酵母によって発酵し、アルコールに転換する。その際に炭酸ガスも放出します。
最後にブドウの残りカスなどの不純物を取り除くために濾過という作業をしますが、自然派はほとんどそれをしないし、酸化防止剤も極少量しか使いません。

炭酸ガスは空気より重いので発生した炭酸ガスはそっとしておいたらワインの液中に留まり、少しづつ飛散していきます。
濾過をすればする程炭酸ガスもどんどん抜けていくのでより酸化を促進してしまう。
だからビオ以外のワインは酸化防止剤をたっぷり添加しないといけないのです。

言い換えれば濾過をあんまりしないワインは炭酸ガスが残っており、ワインにフタをするような状態であり、空気に触れにくくなっています。

酸化防止剤が入っていないから、自然派ワインは開封したら1日で飲み切らなければいけないなんて言われますが、実はその他のワインの方が酸化がどんどん進んでしまうので味はどんどん落ちていっちゃうのです。

お味噌汁でも、ダシの素を使ったものと比べて昆布やかつお節で出汁を取った物の化学的な味わいの違い。
そしてそれが体内に残って影響を及ぼす力。
酸化防止剤を入れたか否か、ワインも同じ事なんです。
ちりつもってやつですね。
身体に良いって事なんです。

ワインはビールや焼酎などと違って水を一切使用しないので、100%ブドウだけの持っている味わいがそのままワインとして如実に出てしまう。
だからブドウ一粒一粒の存在意義が大きく、一樽一樽風土や環境を含んでいる味わいの違いを楽しめるお酒です。

LUGではグラスは白・赤共に常時2〜3種類ご用意。
定期的に種類を変えておりますので、様々な土地やブドウ品種の違いでおすすめしていきたいと思っています。

今日はこの辺で…
2回目もお楽しみに。


P