花粉症が酷いですね。涙
今年は鼻より目がやられているくどうです。

そんな花粉のキツイ季節ですけど、春といえば食材!笑
無理やりっぽいんですけど、料理人目線ではホントにそう思うんです。
特に野菜は冬は地面の下になる地味系食材が美味しいけど、3月になると一気に地上になる鮮やかな食材達が出回ってきますよね。


いかにも春な感じのふきのとうやホワイトアスパラ。
ふきのとうの苦みが好きです。
天ぷらにすると苦みと衣の甘さが良いバランス。

もう少し経つとヤングコーンも出てきますね。
ヒゲが一番美味しいトウモロコシなヤングコーン。
トウモロコシになる前だけに食べられるヤングコーン。

先週ぐらいから八百屋さんでタケコノをよく見るようになりました。
頑張ってアク抜きしなきゃ、と思いながら日々の仕込みに流されて未だ手を出していないのですが怠けちゃいけませんね。
茹でますよ。
グリルして焦げ目をつけたらゴルンゾーラと相性良いんですよ。


海からはホタルイカ。
産地の富山では岸壁からバケツですくって獲れるそう。
なにそれ?やってみたい。

川からは稚鮎。
あゆ好きです。
でも稚鮎はその姿が可愛いらしくて調理するのが気が引けてしまう。
ホタルイカも稚鮎も一口サイズだから身も肝も一緒に味わえるのが美味しさの理由じゃないかと思うんですよね。

そんなわけなんですけど、春に限らず春夏秋冬いつの食材も美味しいんです。
季節の変わり目はあたらしい食材と出会えるのが嬉しいですね。

くどう